下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この「フォンドボー」の詳細はこちら



30-7 タンパク質の宝庫、鶏胸肉!柔らかく美味しく食べる方法!

低カロリー、低脂質で知られる鶏胸肉。

筋肉の元となるたんぱく質が豊富で、

健康維持やダイエットに効果的な食材です。

また、お手頃で家計の強い味方でもあります。

これだけ魅力のある鶏胸肉ですが、

調理するとパサパサしていて食べにくく、

使わない方も多いのではないでしょうか。

しかし、鶏胸肉のそのデメリットは、

ちょっとした下準備で劇的に改善され、

柔らかく、ふわっとした口当たりになります。

その下準備はとても簡単です。

重曹小さじ1と塩小さじ1/2を水100ccにとき、

カットした鶏胸肉と密閉袋に入れておくだけ。

1時間程漬け込むだけでも効果的ですが、

一晩漬け込むとさらに柔らかく仕上がります。

重曹水は鶏胸肉2枚を漬け込める分量です。

軽く水気を切った状態で冷凍しても、

美味しく召し上がることができるので、

ストックとして準備しておくと便利です。

ここで、その鶏胸肉を使用した、

栄養たっぷりのレシピをご紹介します。

『鶏胸肉と野菜の黒酢餡かけ』

<材料>2人分

・鶏胸肉…1枚(250g程度)

・茄子…1本

・パプリカ…1/2個

◇調味黒酢…大さじ2

◇酢…大さじ2

◇醤油…大さじ1

◇酒…大さじ1

◇砂糖…小さじ2

◇片栗粉…小さじ1

◇水…大さじ3

・小麦粉…適量

・ごま…適量

<作り方>

① 下準備した鶏胸肉の水気を拭き取って、

小麦粉をまぶしたら、多めの油で揚げ焼きに。

火が通ったら、フライパンから取り出す。

② 茄子は一口大の格子切りにして、

水にさらして灰汁を抜いたら、水気を拭く。

揚げ焼きにして、フライパンから取り出す。

③ パプリカは、拍子切りにしておく。

④ ◇を煮立てて、①~③をさっと絡め、

器に盛ったら、ごまをふり掛ける。

パプリカは赤と黄色を使うと彩りも良く、

見た目からも食欲をそそられます。

さっぱりとして、疲労にも効果的な一品です。

驚くほど柔らかい鶏胸肉を、お楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 豆腐の水切りはたいした手間ではないようで、ちょっと面倒くさいも…
  2. グラタンのホワイトソ―ス作りは苦手という人は多いと思います。 ダマになってしまった…
  3. 花束に見えるように出来たサンドイッチですね。 食べるのがもったいないよ…
  4. 圧力鍋を使うことで短時間でお肉がとろとろに仕上がります。 ちなみに私は圧力…
  5. ドリアって意外と簡単に作れるのです。 ホワイトソースさえ作ってしまえば後は…


ページ上部へ戻る