下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この「フォンドボー」の詳細はこちら



30-27外はカリッ、中はジューシー!餃子でスタミナをつけよう!

スタミナ料理の代表格でもある焼き餃子。

もっちりとした生地、ジュワっと広がる肉汁、

カリッとした焼き目、様々な表現ができる餃子は、

美味しいところをたくさん兼ね備えた料理です。

そして、その一品で、炭水化物やタンパク質、

ビタミン、ミネラルを摂取することができ、

完全栄養食であるとも云われています。

美味しくて、栄養も豊富とは一石二鳥です。

そのように栄養がたっぷりの餃子を、

今日の晩の食事にしてはいかがでしょうか。

ここで、おすすめの餃子レシピをご紹介します。

<材料>26個分

・豚挽肉…160g

◇キャベツ…2枚

◇ニラ…3本

◇長ネギ…10㎝程度

◇生姜…1片

・にんにく(すりおろし)…小さじ1

○オイスターソース…大さじ1/3

○鶏がらスープ顆粒…小さじ1弱

○醤油…大さじ1/2

○砂糖…ひとつまみ

○片栗粉…大さじ1/2

○ごま油…大さじ1/2

○塩…小さじ1/2

・餃子の皮…26枚

・薄力粉…大さじ1

・ごま油…適量

・サラダ油…大さじ1

<作り方>

① ◇は、すべてみじん切りにする。

キャベツは塩を振り、5分程したら水気を絞る。

② 挽肉と○の調味料を混ぜ、馴染んだら、

◇とにんにくも合わせ、1時間冷蔵庫で寝かせる。

③ 餃子の皮に②のあんを適量のせたら、

ヒダを寄せて、しっかりと口を閉じる。

④ フライパンにサラダ油を敷き、餃子を並べ、

中火にかける。焼き色が付いたら、薄力粉に

水100cc(分量外)をよく混ぜたものを注ぎ、

蓋をして、強火で4分程蒸し焼きにする。

⑤ パチパチと音がしてきたら、蓋を取って、

水分を飛ばし、羽根の周りにごま油を回しかけ、

火から降ろす。焼き目が上になるように、

フライパンに器をのせ、ひっくり返したら完成。

しっかりめの味付けに仕上がります。

そのままでも召し上がれますが、お好みに応じて、

醤油や酢、ラー油で調整して下さい。

蒸し暑い夜、ビールと楽しめば格別ですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 豆腐の水切りはたいした手間ではないようで、ちょっと面倒くさいも…
  2. グラタンのホワイトソ―ス作りは苦手という人は多いと思います。 ダマになってしまった…
  3. 花束に見えるように出来たサンドイッチですね。 食べるのがもったいないよ…
  4. 圧力鍋を使うことで短時間でお肉がとろとろに仕上がります。 ちなみに私は圧力…
  5. ドリアって意外と簡単に作れるのです。 ホワイトソースさえ作ってしまえば後は…


ページ上部へ戻る