下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この「フォンドボー」の詳細はこちら



30-4 思い出のバターライス、忘れられない味

20年程前、母と小さな飲食店に入りました。

何種類ものパスタとバターライスがある店です。

そこで、筆者が注文したのは、

「牛肉としそのバターライス~半熟玉子のせ~」

外食でバターライスを頼んだのは初めてで、

待っている時間が待ち遠しかったです。

テーブルに料理が運ばれてきた瞬間から、

バターや醤油のとても良い香りが立ち込め、

食べる前から美味しいことがわかりました。

牛肉と大葉のたっぷり入った黄金色のご飯が、

白い器に綺麗に盛り付けられています。

その上には、とろっとした半熟玉子。

見た目からも食欲がそそられます。

口に運ぶと、やはり期待を裏切られない味でした。

バターと醤油の香ばしさに加えて、

牛肉とにんにくの豊かな香りが広がります。

パンチのあるしっかりめの味付けですが、

大葉のさわやかな香りでリセットされ、

どんどん口に運びたくなりました。

その当時は、店舗数が少なかった為、

連れて行ってもらえるのは珍しかったです。

しかし、「あのバターライスが食べたい!」

と思い出すことがよくあります。

そこで、食べた時の記憶を頼りに、

バターライスのレシピ研究を始めました。

そのレシピをご紹介したいと思います。

『挽き肉と大葉のバターライス』

<材料>2人分

・ご飯…茶碗2杯分

・挽き肉(牛、豚、合挽、お好みで)…150g

・大葉…10枚

・醤油…大さじ2

・酒…大さじ1と1/2

・砂糖…大さじ1

・にんにく(チューブ)…3cm程度

・バター…5g

・半熟玉子…2個

・サラダ油…適量

<作り方>

① フライパンにサラダ油を引き、

挽き肉の色が変わるまで炒めたら、

混ぜ合わせた調味料とバターを入れ、

一煮立ちさせる。

② ①にご飯を入れ、しっかり混ぜ合わせる。

③ 火を止め、5㎜角に切った大葉を混ぜる。

④ 器に盛り、中央をくぼませたら、

そこに半熟玉子を割り入れる。

思い出のバターライスは、

薄切りにした牛肉を使用していましたが、

家計に優しい挽き肉で代用しています。

また、様々な種類のお肉を使用することで、

少しずつ違った風味を楽しめます。

ぜひ、お試し下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 豆腐の水切りはたいした手間ではないようで、ちょっと面倒くさいも…
  2. グラタンのホワイトソ―ス作りは苦手という人は多いと思います。 ダマになってしまった…
  3. 花束に見えるように出来たサンドイッチですね。 食べるのがもったいないよ…
  4. 圧力鍋を使うことで短時間でお肉がとろとろに仕上がります。 ちなみに私は圧力…
  5. ドリアって意外と簡単に作れるのです。 ホワイトソースさえ作ってしまえば後は…


ページ上部へ戻る