下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この「フォンドボー」の詳細はこちら



30-21栄養たっぷりの具沢山ミネストローネ!トマト風味でさっぱりと

イタリア料理の定番である、ミネストローネ。

ミネストローネを作る際の必須条件は、

豆や穀物類など、炭水化物を使うことです。

他の材料や味付け、作り方に決まりはなく、

各家庭により様々な個性が発揮されます。

我が家でも、母が、食の細い父の為に、

よく作っていた記憶があります。

具材たっぷりのミネストローネは、一品でも、

たくさんの栄養を与えてくれるのが魅力です。

味付けは、食欲がないときにも食べやすい、

さっぱりとしたトマト風味が定番でした。

しかし、小さい頃はその酸味が苦手で、

子供の分だけ、チーズ入りでまろやかに

仕上げてくれていた思い出もあります。

大人や子供、それぞれに合わせて、

仕上げ方を調整しやすいのも、嬉しい点ですね。

そこで、我が家のミネストローネの作り方を

ご紹介したいと思います。朝食にもおすすめです。

<作り方>4人分

・玉ねぎ…1/2個

・人参…1/2本

・じゃがいも…1個(100g程度)

・キャベツ…2枚

・押し麦…大さじ3

・薄切りベーコン…5枚

・蒸し大豆…50g

・トマト缶…1缶(400g程度)

・水400cc

・白ワイン…大さじ1

◇にんにく(すりおろし)…小さじ1

◇ケチャップ…大さじ1

◇濃厚ソース…大さじ1

◇コンソメ顆粒…小さじ2

◇ローリエ…2枚

・オリーブオイル…適量

<作り方>

① 野菜は1㎝角、ベーコンは2㎝幅にカットする。

② フライパンにオリーブオイルを敷き、弱火で

キャベツ以外の生野菜を、しんなりするまで炒める。

ベーコンも加え、さっと炒め合わせる。

③ ②を鍋に移し、水、トマト缶、白ワイン、押し麦、

大豆を加え、中火で一煮立ちさせる。

④ ◇の調味料、キャベツを加えたら、蓋をして、

弱火で20分煮込む。

そのまますぐに召し上がっていただけますが、

一晩置くと、味が馴染んでさらに美味しくなります。

野菜をじっくり炒めることで、甘味が引き出されます。

さっぱりとした、トマトの酸味をお楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 豆腐の水切りはたいした手間ではないようで、ちょっと面倒くさいも…
  2. グラタンのホワイトソ―ス作りは苦手という人は多いと思います。 ダマになってしまった…
  3. 花束に見えるように出来たサンドイッチですね。 食べるのがもったいないよ…
  4. 圧力鍋を使うことで短時間でお肉がとろとろに仕上がります。 ちなみに私は圧力…
  5. ドリアって意外と簡単に作れるのです。 ホワイトソースさえ作ってしまえば後は…


ページ上部へ戻る