下の動画をご覧ください。この世で一番美味しいビーフシチューができました。



この「フォンドボー」の詳細はこちら



30-12洗い物が半分以下に減る!お手軽パスタの作り方をご紹介!

イタリアの代表的な料理でありながら、

どのような味付けとも相性が良いパスタ。

具材たっぷりのパスタは、単品でも

立派な食事として成り立ちます。

乾燥パスタは保存が効くので常備しやすく、

忙しい日のお助けメニューとして活躍します。

ですが、鍋やフライパン、ボールにざると、

大きな洗い物が多く、手軽に作れるのと裏腹に、

後片付けに時間がかかってしまいます。

しかし、その洗い物を半分にする方法があります。

それは、パスタを電子レンジで湯がくことです。

方法はとても簡単で、特別な道具は要りません。

ここで、レンジを使った調理方法と共に、

おすすめのレシピをご紹介したいと思います。

『大葉香る!豚肉としめじのバター醤油パスタ』

<材料>2人分

・パスタ…2束(200g)

・水…450ml

・塩…小さじ1/2

・オリーブオイル(湯がく用)…大さじ1

・豚肉(こま切れ)…180g

・玉ねぎ…1/4個

・しめじ…1/4株

・大葉…8枚

◇醤油…大さじ2

◇酒…大さじ1と1/2

◇砂糖…大さじ1

◇にんにく(チューブ)…5cm

◇バター…5g

・ブラックペッパー…適量

・オリーブオイル(炒める用)…適量

<作り方>

① 半分に折ったパスタを大きめの耐熱皿に入れ、

水、塩、オリーブオイルと混ぜ合わせる。

ふんわりとラップをしたら、レンジ(600w)で、

表記されているゆで時間の+5分、加熱する。

※器がとても熱いので注意して下さい。

② フライパンにオリーブオイルを敷き、

豚肉を入れ、色が変わるまで炒める。

③ ②にスライスした玉ねぎ、しめじを加える。

しんなりとしてきたら、混ぜ合わせた、

◇の調味料を加えて、一煮立ちさせる。

④ ③に軽く汁気を切った①と、刻んだ大葉を混ぜ、

器に盛ったら、ブラックペッパーを振りかける。

パスタを加熱している間に、具材を炒めれば、

効率的にアツアツのパスタを召し上がれます。

20分程度でできるとても簡単な時短レシピ!

今日は忙しい、疲れたという日にもおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

サイト内検索



人件費・光熱費が大きな負担では?
KWBフーズの業務用ソースで解決します。
コチラから





画像をクリックすると詳細が見れます。

====================================
命のだしシリーズ フォンドボー (ブック型) 500ml (冷凍) (内税 送料別) 1500円

フォンドボー


500g 送料別 1500円

          

ビーフシチューなど、煮込み料理に 最適な出汁(フォンドボー)です。
市販の缶詰などとは、比較にならないほどの 最高級の料理に仕上がります。
アマゾンのレビューにも書き込まれていますが ホントに美味しいビーフシチューになりますよ。
業務用で使用する方が増加中です。


====================================


下記は清潔に使えるキューブ状です。

命のだしシリーズ
 フォンドボーキューブ
冷凍 500g 送料別 1600円

フォンドボーキューブ



500g 送料別 1600円

      

ピックアップ記事

  1. 豆腐の水切りはたいした手間ではないようで、ちょっと面倒くさいも…
  2. グラタンのホワイトソ―ス作りは苦手という人は多いと思います。 ダマになってしまった…
  3. 花束に見えるように出来たサンドイッチですね。 食べるのがもったいないよ…
  4. 圧力鍋を使うことで短時間でお肉がとろとろに仕上がります。 ちなみに私は圧力…
  5. ドリアって意外と簡単に作れるのです。 ホワイトソースさえ作ってしまえば後は…


ページ上部へ戻る